【正攻法】Youtubeの再生回数を増やす8つの方法【テクニック・コツ】

Youtubeで収入を増やすには、必然的に”再生回数”を増やす必要があります。

”再生回数”は、Youtuberにとっては一種の「自分の人気度を表すパラメータ」でも有ります。

その”再生回数”の増やす方法の8つのコツについて簡単に紹介したいと思います。

再生回数を増やす方法

①タイトル・説明文・タグをきちんと設定する

これが一番重要と言っても過言では有りません。

「タイトル」「説明文」「タグ」というのは、↓画像のように動画の編集画面で設定出来る項目の事です。

screenshot_170

ここに入力されている内容から、Youtubeの検索エンジンは、「この動画と関連性ありそうだな!」という感じで動画を選定します。

なので、ここに入力されている内容次第で、他人の動画の”関連動画一覧”に表示されたり、”検索結果の上位”に表示されたりします

というわけで、「動画の運命を左右する」と言っても過言ではないので、きちんと入力しておきましょう。

説明文は長く!

また、(手抜きになりがちですが)上位表示したいなら”説明文”は最低でも100~300文字くらいは入力しましょう。

出来れば、”動画の内容と関係のありそうなワード”は(無理やりにでも)全部入れましょう。

動画の内容と関係ありそうなワード”というのは、”その動画の内容を知りたい人が検索するであろう検索ワード”です。

例えば、「ガリガリ君のコーンポタージュ味はまずいのか上手いのか」というのを知りたい人は、

  • 「ガリガリ君 コーンポタージュ」
  • 「コーンポタージュ うまい」
  • 「ガリガリ コーンポタージュ まずい」
  • 「コンポタ 新作」
  • ・・etc

などのワードで検索する事が考えられます。

なので、このような”検索に使用されると思われるキーワード”は全て入力しておきましょう。

※ちなみにこういう風に、検索エンジンに有利に働くように文言などを対策する事を「SEO対策」と呼びます

②アノテーション・カード機能を駆使する

「アノテーション」「カード」機能というのは、動画内に違う動画へのリンクを貼ったりする事が出来る機能です。

要は、「1つの動画だけじゃなくて、ついでに他の動画も見させよう」という事が出来るようになる機能です。

screenshot_175
▲動画の編集画面にて設定出来ます

動画の中で、(過去の動画の事を喋ったりした場合に)過去の動画リンクを差し込んだり、動画の最後に関連動画への動画リンクを貼ったりするのが効果的です。

③再生されやすい時間帯に投稿する

「○○時に投稿すれば伸びやすい!」など言われる事が有りますが、それは動画を観ているユーザー層によるので一概に言えません。

視聴しているユーザー全員、同じ時間帯で生きているわけじゃありません。性別・年齢・地域によっても差が有るのは当然でしょう。

なので、一概に「○○時に投稿すれば再生数が伸びやすい!」と決めつけるのはナンセンスです。

※詳しくは以下記事参照です。
再生数が伸びやすい!Youtubeへの動画投稿にベストな時間帯は?

④クリックしたくなるタイトルにする

例えばですけど、

  • 「頭が良くなるらしい方法を試してみた!!」
  • 「一日3分で頭が良くなる!?画期的な5つの方法を試してみた!!」

この2つのタイトルだったら、なんとなく後者の方が「見てみたい!」って思いませんか?(多分思うはず・・)

このように、タイトルによって動画のクリック率(CTR)はまったく違ってきます

再生回数にも大きく影響してくるので、タイトルは慎重に付けるようにしましょう。

※ちなみに”再生回数”は、視聴時間が例え1秒であろうと、「1」とカウントされます。

なので、「とりあえず再生回数を稼ぎたいなら、動画タイトルさえクリックさせれば良い」という事になります。

※タイトルの付け方については以下記事参照です。
Youtubeのタイトルの付け方【6つのコツ】

⑤動画の長さに気をつける

「○○分以内にするのが一番正しい!」と言い切ってしまうのは間違っていると思いますが、

少なくとも「10分以内」には収めた方が、再生数の伸びは良くなるでしょう。

というのは、長過ぎるとその動画だけで満足してしまって、他の動画の再生が見込めないからです。

一番良いのは、

「すごく面白かった!でも微妙に物足りないからもっと見たい!!」

と視聴者に思ってもらうのがベストです。

アノテーション・カード機能を上手く使って、別の動画へ誘導するようにしましょう。

まぁ単に動画の長さが長いと、「ネタを考えるのが面倒くさい」「動画編集も面倒くさい」っていうのも有りますしね。。

⑥SNS・ブログ等を上手く活用する

SNS(ツイッター、Facebook等)を利用して動画を宣伝して、沢山の人に動画を見てもらえるようにしましょう。

ここで注意ですけど、”SNSを利用”というのは、アカウント登録して動画URLをつぶやくだけじゃないですよ?

  1. SNSに登録する
  2. ”Youtuber”とかでアカウント検索して、Youtuberと思われるアカウントをひたすらフォローしまくる
  3. 色々な人に絡みまくる
  4. 自分の動画を呟いたら何人かが拡散してくれるレベルまでアカウントを育てる

4.までやって初めて”SNSを利用する”って言いますからね?

単にアカウント登録して動画URLを呟くだけじゃ誰も見てくれないですからね?ファンなんて付かないですからね?凡人が努力なしで人気者になろうなんておこがましいですからね?

まぁYoutuberやってるような人なら、SNSツールも上手く活用している人ばかりだと思いますけど。。

⑦営業活動する

”営業”というのは、他のYoutuberの動画にコメントしたりして交流を図る事で、地道にチャンネル登録者数・再生回数を増やす作戦のことです。

人は、一生懸命作った動画に、ポジティブなコメントがされるというのは(普通は)嬉しいものです。

なので、そういった”ポジティブなコメント”が付いたら、そのコメントしてくれた人の事を多少は調べる人が多数のはずです。(コメントが全く付いていないようなYoutuberなら尚更)

それで、そのコメントしてくれた人も同じくYoutuberなら、チャンネル登録してくれるはずです。

そして、自分が動画を投稿したら同じくコメントをしてくれるはずです。

これでどんどん人力営業でチャンネル登録者数を増やすという戦法です。

これは、今現在大物Youtuberである人達もやっていた戦法でもあります。

まぁ「無名のYoutuberの動画を見よう!」なんて人は普通は居ないですからね。

「再生数が50にも達していない動画」なんて見ようと思わないですよね?なので、最初の内はこういった”営業活動”で地道に再生回数・チャンネル登録者数を増やすしか無いと思われます。

⑧サムネ画像を上手く設定する

殆どの人は、動画のタイトルを見る前に「サムネ」を確認しますよね。

気になるような「サムネ」なら動画をクリックする事が多いですよね?

つまり、サムネによってもクリック率(CTR)は大きく変わってきます。

自分でサムネ用の画像を作って、それをサムネとして設定しましょう。

screenshot_212
▲カスタムサムネイルからサムネ設定する

再生回数を増やしたいなら、動画からサムネを自動設定するのはやめておきましょう。

あと、顔出ししている人はサムネに自分の顔を入れましょう。

人間の顔が入っているとクリック率は非常に上がります。(これはYoutube公式ガイドラインでも推奨されていることです)

このページは以上です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする