将来Youtubeを専業にしたい人必見!Youtuberのメリット・デメリット!

近年、Youtubeに動画をアップして、その動画の広告収入で生活している「Youtuber」と呼ばれる存在が増えてきています。

Youtubeでは、本気で動画投稿に勤しめば、会社員の給料以上に稼げる可能性が有るのです。夢のような話ですね。

ただ、そんな夢あるYoutuberですが、良い面だけじゃありません。悪い面も有ります。

この記事では、良い面(メリット)と悪い面(デメリット)の両方をご紹介します。

スポンサードリンク

メリット

最初にメリットです。

初期投資が掛からない

Youtuberとしての活動は、

  • パソコン
  • カメラ

さえあれば、誰でもスタート出来ます。(※最悪、カメラがなくてもパソコンさえあればスタート出来ます)

つまり、「今時の現代人なら、初期投資0円でYoutuberを始められる」という事です。

これは一番のメリットと言えます。

Youtuberになるのに必要なおすすめの機材・ソフト紹介

ランニングコストが掛からない

Youtubeにどれだけ高容量な動画を投稿しまくっても無料です。投稿し放題です。

Youtubeアカウントに登録するのも無料です。年間費も初期登録費も掛かりません。

何もかも無料です。

1人で”起業”するようなもの(一種のビジネス)なのに、金銭的なリスクが一切掛からないという事ですね。

普通に起業するならこうは行きません。

自分をブランド化しやすい

自分という存在をブランド化、つまり自分を世界中にアピール(売り込み)するなら、Youtuberはかなりオススメです。

ブログやホームページなどの”文字”と違って、”動画”では伝わる情報量が違います。自分の全てを思いっきり表現する事が出来ます。

また、世界中に注目される可能性も有ります。

HIKAKIN氏なんかも、元は海外で人気が爆発したことがキッカケで、日本でも人気になりましたからね。

モノを売りやすい(訴求力が強い)

Youtubeで紹介した商品というのは、ブログやホームページで紹介するのと違って、説得力が有ります。(専門用語的に言うと”訴求力”(そきゅうりょく)があると言う)

例えば、その商品の紹介動画を見る人は、

  1. その人のファンだから
  2. その商品が気になるから

という2つの理由に絞られます。

2.の後者は、「その商品が欲しいけど、どんなものか気になる!」と思っている視聴者です。

なので、動画の中でその商品の良さを徹底的に教えてあげれば、「買おう!」という気にまでさせる事が出来ます。(後押し出来る)

なので、その商品のアフィリエイトリンクを貼っつけてるだけで売れます。稼げます。

動画広告以外にも、アフィリエイトでも稼げるということですね。

※商品レビューをしている人の動画説明欄には、大抵Amazonのアフィリエイトリンクが有ります

検索エンジンに強い

Youtubeは、Googleが提供しているサービスです。

なので、必然的にGoogle検索ではYoutube動画は上位表示されやすくなります

ゴミみたいな内容の動画でも、Youtube動画というだけで検索上位に来たりします。

Youtubeに動画を投稿するのは、ホームページみたいに、サーバーの契約もいらないし、ドメインの契約もいりません。

Googleのアカウントさえあれば無料で動画投稿出来てしまいます。しかも、Googleが優遇してくれる。

はっきり言って最強です。

天下のGoogleが味方なわけですからね。

不労所得的な要素が強い

Youtubeでは、動画が再生されればされるほど、(基本的には)収入が増えていきます。(広告をクリックされる率が上がるので)

そして、投稿した動画は、(自分から削除しない限り)消える事は有りません。

汎用的なテーマの動画の場合、何年前に投稿した動画であろうが、再生される可能性は365日有ります。

つまり、動画がYoutube上にある限り、ずーーーーっと稼ぎ続けてくれる可能性があるわけです。

一種の不労所得資産をネット上に築けるという事ですね。

※人気が出なければ、一生再生されずに終わる可能性も有りますが・・

デメリット

次にデメリットです。

競争が激しい

メリットの項で書いたように、

  • 初期投資0円
  • ランニングコスト0円

で動画投稿できて、動画が再生されるだけでお金を稼げるのです。

しかも、パソコンとカメラさえ有れば誰でも簡単に動画投稿できてしまいます。

こんな素晴らしいビジネスモデルは有りません。

誰だって参加しますよそりゃ。(-ω-)

そんな世の中甘く無いですよ。。( ´Д`)

動画を作るのが面倒くさい

これを言ってしまったら元も子も無いですが、動画を作るのってめちゃくちゃ面倒臭いです。

動画編集をやった事がない人には分からないかもしれませんが、字幕1つ入れるのですら実は面倒かったりするのです。

しかも、Youtubeって「やたらカット編集を入れないと視聴者が満足してくれない風潮」みたいなのがあるで、カットをしまくる必要もあります。

カットするのも実は結構面倒臭いのです。カット以外にも色々気をつける事は大量にありますし、もうとにかく面倒くさいです。

「動画編集が楽しい!」って思える人じゃないと、動画を作るという行為は苦痛でしか無いということです。。

※私自身、「AviUtlの易しい使い方」とかいう動画編集の解説サイトを作ってたりしますが、動画編集するの自体は好きじゃないですからね( ´Д`)

「動画編集するのは好きじゃないけど、動画編集の知識を付けるのは好きだからサイトを作ってる」ってだけなのです。。

なので、私のように動画編集が好きじゃない人にはYoutuberは向かないという事です。

本気具合によっては初期投資は若干掛かる

「本気でYoutuberとしてやっていこう!」と思っているなら、

  • 動画編集ソフト
  • 動画編集向けのパソコン
  • 撮影用のカメラ

などは必須となってくるかもしれません。(※安い機材や、無料のソフトだと満足できなくなる可能性有り)

なので、本気でYoutuberとして活動していくつもりなら、最初に機材を全部揃えてしまっても良いかもしれません。

特に動画編集ソフトなんかは、動画編集をしている内に技術や知識が上がっていくものなので、どうせなら最初から良いものを買っといた方が良いです。

まぁとは言っても、全部揃えても10万強くらいしか掛からないと思いますが。。

※これらの機材・ソフトについては以下の記事を参考にしてみて下さい。
Youtuberになるのに必要なおすすめの機材・ソフト!

Youtubeという1つのプラットフォームに依存する危険性

当たり前ですけど、YoutuberはYoutubeから収入を得る事になります。

なので、

  • Youtubeの広告が無くなってしまう
  • Youtubeの広告単価が下がる
  • Youtube自体が無くなってしまう

などの事態になってしまったら致命的です。

Youtubeは、Googleという一企業のサービスに過ぎないので、将来的には何が起こるか分かりません

「Youtube一筋で飯を食っていく!」というのはリスクがある、という事ですね。

このページは以上で終わりです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする